オックスフォード大学の大学院生のブログ(MikiAnnのブログ)

オックスフォード大学の大学院で社会学を学んでいます (2017/10-2018/9)

海外留学支給奨学金について

こんにちは、Mikiです。ようやく修士論文を書き終わりました!

なんとか無事に卒業できそうです :3

 

というわけで、今日は少しだけ支給奨学金の話をしようと思います。

”支給”なので、もらっても返さなくていい奨学金です :)

 

私も留学前に支給奨学金をいただいたので、いくつか私の知っているものを紹介します。

(調べれば他にもあります)

 

1.日本学生支援機構奨学金

奨学金名:海外留学支援制度(大学院学位取得型)

対象者:修士又は博士の学位取得を目的として海外の大学院へ留学する方

採用人数:100名

支援内容:奨学金月額8万9000円~14万8000円授業料年間250万円を上限とする実費額

出願要件:① 語学TOEFL PBT 600点、CBT 250点、iBT 100点、又はIELTS 7.0以上

② 成績評価係数 2.7以上

募集期間:毎年9月上旬~10月下旬

詳細:https://www.jasso.go.jp/ryugaku/tantosha/study_a/long_term_h/

 

2.Brisith Council

奨学金名:ブリティッシュ・カウンシル 日本 IELTS賞

対象者:応募時点で日本在住、大学・大学院へ留学される方

採用人数:4名

支援内容: 300,000円(学費補助として)

出願要件:① 出願する年の4月以降にIELTSを受験、各セクションで6.0以上取得

募集締切:毎年6月末

IELTS賞:https://www.ieltsasia.org/jp/ielts-prize

詳細:https://www.britishcouncil.jp/exam/why-take-exam/scholarships?_ga=2.203537302.785009836.1535099578-2029576647.1535099578

 

3.伊藤国際教育交流財団

奨学金:日本人奨学金制度

対象者:日本国籍を有する、海外の大学等の大学院修士課程に正規生として入学予定

採用人数:10名程度

支援内容:月額US2000ドル+授業料(年間300万円以内)+往復旅費

出願要件:① 出願する年の4月以降にIELTSを受験、各セクションで6.0以上取得

募集期間:毎年6月末~8月末

詳細:http://www.itofound.or.jp/scholarship-jp

 

4.College Women’s Association of Japan

奨学金名:Graduate Scholarship for Japanese Women to Study Abroad

対象者:日本の大学を卒業している

採用人数:2名

支援内容:500万円

出願要件:TOEFL iBT 88点もしくはIELTS 6.5(理系科目を専攻する場合)、TOEFL iBT 98点もしくはIELTS 7.0(文系科目を専攻する場合)

募集期間:毎年10月中旬から下旬

詳細:https://cwaj.org/wp-content/uploads/2018/07/2019-C-3-1-SA-Application-Form_Final-PDF.pdf

 

5.公益財団法人 平和中島奨学金中島健𠮷記念奨学金

奨学金名:日本人留学生奨学生

対象者:日本国籍を有する、博士号未取得者

採用人数:15名

支援内容:①学部-月額15万円及び往復渡航 ②大学院-月額20万円および往復渡航

出願要件:英語の場合-英検1級、TOEFL iBT 90点、又はIELTS 7.0など

募集期間:毎年9月~10月

詳細:http://www.hnf.jp/shogaku/

 

6.ロータリー財団

奨学金名:地区補助金もしくはグローバル補助金

地区補助金の詳細は地区によって異なる:https://my.rotary.org/ja/take-action/apply-grants/district-grants

 

すごい簡単に紹介してあるので、さらに詳しい出願要件・出願方法については

各ホームページをご確認ください!

 

イギリスの大学院(修士)に進学すると

一年間で授業料、生活費、寮費も込みで約500万円ほどかかるので、

できるだけ多くの奨学金に応募してみるといいかと思います

 

では!

 

Miki

 

email: miki.ann.oxford@gmail.com

 

mikiann.hatenablog.com