読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オックスフォード大学の大学院生のブログ(MikiAnnのブログ)

2017年10月からオックスフォード大学の大学院で社会学を学びます!

IELTS Listening 9.0 (満点)

Hi, good morning.

Miki です。今日は大学の卒業論文の発表日です。

眠いです。日本の大学卒業までもうすぐです。

今日は IELTS の Listening Section についてお話しします。

Writing Section が一番難しくて、Listeningは比較的簡単だと思います。私は満点の9.0を取得できました。

大学一回生の夏休み (当時18歳)に受験したIELTSでは、リスニングの結果は 5.5 でした。その後、イギリス留学に行くまでに6.5を取得し、帰国してから約1年後には9.0取得できました。

正直、IELTSで9.0とか必要ないです。笑 7.5で十分だと思います。9.0とか取得すると、IELTSオタクと呼ばれるようになります。わら

とはいえ、そこまで試験対策はしませんでした。そんな私の勉強法をご紹介します。

人生で初めて受験した(2013年8月頃)IELTSのスコアは下記の通りでした

Listening 5.5

Reading 5.5

Writing 6.5

Speaking 5.5

Overall 6.0

この時に頑張ったことは、シャドウィング(シャドーイング?笑)です。そして、海外ドラマを何度も観る/聞くことです。これは、TOEICのListeningの対策法と全く同じです。

こんな調子で毎日英語を聞いていたら、数ヶ月後にはListeningのバンドが6.5まで上がりました。

では、本題の9.0はどうやって取得したかについてです。

正直、9ヶ月間の留学くらいでは、IELTSで満点を取得することは普通無理です。

私のハーフの知り合いは、日本に住んでいて、お母さんが日本人でお父さんがイギリス人のため、英語が母国語です。しかし、一年間の留学も経験済みであるにも関わらず、彼も満点は持っていません。彼のIELTSのOverallは7.0です。

やはり、ハーフでも日本に住んでいるため、日本語の方が堪能なのだと思います。

そんな私が一番したことは、『BBC World News』のラジオをひたすら聞く。集中して聞きます。

初めてこのラジオを聞いたときは、何を言っているのかよくわからない時が多々ありました。でも、不思議なことに半年間だとか、ずっーと聞いていると、徐々に理解できるようになります。

(もちろん、BBC World NewsのArticleを読んで、単語の勉強もしましたが。主に、ずっとラジオを聞いてました。わからない単語は文脈で意味を推測してました。)

15年間アメリカとかイギリスに住んだ経験があれば、IELTSで高得点を取れると思います。ずっと英語を聞いてるから。

じゃあ、同じ環境を自分で作ればいいのです。ラジオを聞いて。

BBC radioというアプリがあるので、スマホにダウンロードしました。無料です。是非使ってみてください!

Miki