オックスフォード大学の大学院生のブログ(MikiAnnのブログ)

オックスフォード大学の大学院で社会学を学んでいます (2017/10-2018/9)

3ヶ月でTOEIC870点

Hi, Mikiです。 大学生です。もうすぐ卒業です。

 

というわけで、4年前のことを振り返りたいと思います。

 

高校生の時に受験したTOEICは565点でした。

その後、3ヶ月間勉強して、TOEIC870点を取得しました。

 

当時、海外経験ゼロで、英語を話すことが全然できませんでした。

 

そんな私がした勉強法をご紹介します!

 

Listening Section

リスニングで一番したことは、シャドウィングです。毎日1〜2時間してました。特に気をつけていたことは、『英語で文章の意味を理解しながらシャドウィング』をすることです。

 

完璧にCDの音をまねできるように、何度も何度も同じスクリプトを声に出して喋っていました。ある日、母にうるさいと怒られました。

 

使った教材は、公式問題集1〜5です。完璧にしました。完璧というのは、もう一度CDを聞いた時に、スクリプトを完全に聞き取れるようになるぐらいシャドウィングしました。正解していた問題のスクリプトも含めて、すべてしました。

 

嫌でもビジネス単語も身につきました。

 

 

 

そして、もう一つずっとしていたことがあります。

それは海外ドラマを見ることです。なぜかというと、ネイティヴスピーカーの喋る速度の方が、CDの録音された問題より全然速いからです。

 

実際、TOEICのリスニングがゆっくりに聞こえるようになりました。海外ドラマのおかげで。

 

おすすめは、断然『Friends』です。恋愛コメディです。

英語の勉強というよりは、ただの趣味でずっと見ていました。例えば、朝起きてから家を出るまでの間にずっとテレビをつけっぱなしにして、Friendsを聞き流していました。

 

 

 

Reading Section

一番したことは、ビジネス単語の暗記です。単語を暗記してしまえば、かなりのスコアが取れます。実際に、3ヶ月間リーディングの勉強はほとんどが単語の暗記でした。そして、リーディングのスコアが100点伸びました。

 

単語帳は買っていません。公式問題集1〜5にでてきた単語をすべて覚えました。

 

文法については、高校の参考書と問題集しか使っていません。むしろ高校の文法が完璧にできれば、TOEICの文法セクションは正答率100%になるはずです。

 

 

 

 

3ヶ月間の対策は、こんな感じでした。でも、本当に、上記の方法で、リスニングはほぼ満点を取ることができました。

 

TOEIC800点以上取りたい方は、是非私の述べた対策法を試してみてください :)

 

ちなみに今の私のスコアは960点です。対策ゼロでTOEIC960点を取得しました。

 

それについても、また記事を書きます :)

 

 

See you soon

Miki