オックスフォード大学の大学院生のブログ(MikiAnnのブログ)

2017年10月からオックスフォード大学の大学院で社会学を学びます!

Academic Background (私のバックグラウンド)

自己紹介でも述べたように、去年IELTS8.0を取得しました。

 

IELTSが何かを知らない方もいると思いますが、hmm... 一言で言うと、英語の運用能力をはかる試験です!8.0を取得するのは結構大変です!満点は9.0なので!

 

日本人なら、IELTS7.0を取得できれば良い方だと思います。ってか、IELTSで6.5~7.0あれば海外の大学院に進学可能です。

 

私も、目標は7.5を取得することでした。

 

そんな私のバックグラウンドについてご紹介します :)

 

奈良県立平城高等学校に入学。物理、化学、数学が得意で理系に所属。

そのまま、大学では理系の学部に所属しようと思ったのですが、将来理系の世界で働いていく自分を想像できなかったので、進路変更を決意。

 

この進路変更を決意した時は、すでに高校3年生の夏休みでした。しかし、理系科目が得意という理由だけで理系に所属していただけで、理系科目が特別好きというわけではありませんでした。

 

大学では、自分の本当に好きなことを勉強したいと思ったため、考えた結果、私の一番好きな科目は「英語」であると思い、外国語学部の英米語学科に進学することを決意。

 

しかし、理系に所属していたため、日本史も世界史も習っておらず、(地理は習ってました、)古典も全然勉強しておらず、国語が結構苦手で、ってかかなり苦手で、担任から進路変更に関して猛反対を受けました(笑)

 

英語の先生方からも猛反対を受けました。(笑)But, 私の両親は、好きな大学に行きなさいと言ってくれたので、高校3年生の9月に指定校推薦で私立の外国語学英米語学科に出願し、合格をいただきました。

 

その時した私の決意は、「得意だった理系科目の勉強をやめる分、大学では英語の勉強に没頭する」でした。

 

当時18歳で、海外経験もなく、パスポートすら持ってなかったのですが、留学への憧れは非常に強かったです。

 

大学に合格したものの、まわりはみんな受験生で、遊ぶ相手もいませんでした。(笑)また、そのころから、海外の大学に留学することを考えていたため、留学についての情報収集を行い、海外の大学に留学するにはTOEFLのスコアが必要と知ったので、高校3年生の秋からTOEFLの勉強を始めました。

 

しばらく、ちんぷんかんぷんでTOEFLの勉強をしていました。とても難しく感じたのを今でも覚えています。

 

その後、高校3年生の1月からはTOEICの勉強を始めました。なぜかというと、大学入学後すぐに、TOEICを受験し、そのスコアで大学の必修の授業がレベル分けされると知ったからです。

 

レベル分けって、なんか、怖い世界ですよね。(笑)

 

どうしても一番上のクラスに入りたかったので、約3か月間頑張って勉強しました。結果、大学入学時にTOEICのスコアは870点!(2013年4月)

 

自分でもびっくり~~~~~。(笑)なんなら、何かの間違いかと思いました。(笑)

 

当時、私がどうやってTOEIC対策をしたかについても、また記事を書きたいと思います。

 

無事に一番上のクラスに入ることができました。でも、さすが外国語学部の英米語学科のハイクラスで、すでに長期留学を経験してる学生も中にはいました。

 

私の場合、TOEICのスコアだけ無駄に高くて、英語は全然話すことができなかったので、クラスメイトに自分のTOEICのスコアを伝えても、信じてもらえなかったです!(笑)

 

「なんでやね~~~ん!」的な。

 

その後、TOEFLの勉強を再開し、大学一回生の夏休み(2013年8月)にTOEFL iBTを受験。

結果は120点満点の67点!海外の大学に留学する(学部留学)には最低61点必要です。ぎりぎりですが、ボーダーラインを超えることができました!

 

その翌月、なんとなくIELTSを受験。(学部留学にはTOEFL iBT 61もしくはIELTS 5.0以上必要です。)

結果は、6.0!

 

結構嬉しかったです。。。

 

無事に英語の試験でスコアが取れたので、学部留学の学内選考試験に一回生の秋に出願することができました。

 

そして、選考試験に無事に合格し、イギリスの大学に学部留学することになりました!

 

大学二回生の春(2014年5月)にまたTOEFL iBTを受験。結果は87点でした。

 

順調に英語の勉強を進め、イギリスの大学に留学(2014年9月~2015年6月)!!

とても楽しかったです。もちろん勉強も頑張りましたが、とても楽しかったです。

 

この時の留学生活についても、追々詳しく書きたいと思います。

 

ちなみに、この学部留学中は、英語の勉強はしていません。実際に、勉強した科目は主に心理学です。(交換留学生はどの授業でも履修可能だったため、教育学やビジネスも勉強しました。フランス語も。)

 

英語で専門を勉強していただけで、英語自体の勉強はしていなかったため、帰国間際にロンドンで受験したIELTSの結果は7.0でした。

 

7.0でも結構良いスコアなのですが、7.0だったら、海外経験がなくても努力すれば取得可能なスコアです。私の大学の後輩や、知人も海外経験なしで7.0を取得していました。

 

なので、ロンドンで受験したときのIELTSの結果がかなりショックでした。また、その時から目標はIELTSで7.5を取得することだったので、また勉強をつづけ、三回生の秋(2015年10月)に大阪でもう一度受験。結果は、7.5!

 

めっちゃ嬉しかったです。

 

しかし、IELTSというはの4つのセクションから成り立つ試験で、各セクションのスコアが出されます。私の目標は、すべてのセクションで最低7.0を取得することでした。

 

7.5を取得したとき、ライティングのセクションで6.5をマークしてしまい、仕方なくもう一度IELTSを受験することを決意。。。

 

かなり辛かったです。(笑)

 

でも開き直って、受験申込をして、四回生のなる直前(2016年3月)に、ようやく全セクションで7.0以上をマークできました!この時IELTSで初めて8.0を取得!

 

頑張った。。。

 

その後、大学四回生になってから、大学院出願の準備(志望動機書、推薦状、論文)を開始。これも結構大変でした。

 

留学の費用を貯めながらだったので、余計に大変でした。

 

そして、大学四回生の秋に、イギリスの大学院に無事合格!!

 

めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

 

現在まだ他の大学院からの合否通知待ちですが、イギリスの大学院進学に向けての準備をしています。(勉強とアルバイトがほとんどですが。)

 

 

私のバックグラウントはこんな感じです。またブログ更新していきます。

 

Miki